イベントスケジュール

イベント情報のお知らせです。
誰でも参加できるイベントに、お気軽にご参加下さい。

11月21日~25日 彩の会水彩画展

私たちの彩の会は水彩画の同好会でユニコムプラザのオープン以来毎年開催。今回で第6回目の作品展を迎えることが出来ました。

発展途上の作品展ですがご覧いただければ幸いです。

日時:  平成30年11月21日(水)~11月25日(日) 10:00~17:00

*初日 12:00~ 最終日 16:00まで

場所:  ユニコムプラザさがみはら マルチスペース

連絡先:  吉村042-742-6439


11月24日のオーサーズカフェは「スポーツと地域貢献活動」

スポーツと地域貢献活動

和光大学 現代人間学部 身体環境共生学科 教授 原田 尚幸氏

スポーツは、多くの人々に夢や感動を与えてくれるだけでなく、最近では、社会や地域が抱える課題を解決するための活動に注目が集まっています。

本講座では、アメリカのプロスポーツや日本のプロスポーツチームにおける地域貢献活動の事例を紹介しながら、スポーツが持つ価値やその可能性についてわかりやすく解説します。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


11月18日 第6回さがみ糖尿病週間行事 市民公開講座

日時 :2018年11月18日(日) 13:00~16:00

■開催内容:

13:00~14:30

①展示ブース: 宅配食の展示

②体験ブース:血糖・ヘモグロビンA 1c    測定

③相談ブース:糖尿病に関する血糖医療・看護・栄養・薬相談

14:30~ 講演プログラム

④味覚力を鍛えよう ~糖尿病と味覚~

⑤糖尿病と筋肉、そして運動のはなし

⑥糖尿病とお口のはなし

⑦糖尿病と腎臓病のおはなし

■場所 :ユニコムプラザ さがみはら

■住所  :神奈川県相模原市南区相模大野3丁目3番地2号 

■参加費用: 無料

■定員 :120名:

■主催 :北里大学病院

■後援: 相模原市、相模原市医師会、相模原市内科医会、神奈川糖尿病協会、北里大学病院

■連絡先: 北里大学病院 内科専門外来

■連絡先住所:  〒2520329 神奈川県相模原市南区北里1丁目15番1号

■連絡先電話番号:  042-778-8111


11月17日 ユニコムセミナーを開催します

自転車を安全・快適に使うには?

日時:2018年11月17日(土) 15:15~16:45

場所:ユニコムプラザさがみはら

相模原市南区相模大野3丁目3番2号bono相模大野サウスモール3階
*小田急線相模大野下車徒歩3分(中央改札口から北口デッキに出て左方向へ)
参加費:無料(事前申し込み不要)
問い合わせ先:ユニコムプラザさがみはら

講師:東海大学 工学部 土木工学科 特任准教授 鈴木 美緒氏

自転車は、免許が要らず誰でも乗れる手軽な乗り物で、最近では環境に優しく、健康になれる乗り物としても期待されています。ですが、あまりに身近にありすぎて、自転車事故が多く起きていることは知られていません。

なぜ自転車の事故が多いのか?どうしたら被害者や加害者にならずにすむか?そして、最近つくられている車道での自転車走行空間と事故との関係は??など、身近な自転車を安全・快適に乗るためのポイントをお話しします。


11月10日のオーサーズカフェは「笑顔―良い声と若さと健康を手に入れるコツ」

笑顔―良い声と若さと健康を手に入れるコツ

東京工芸大学 工学部 メディア画像学科 准教授 森山 剛氏

近年では、生活の質(Quality of Life)が良く問題にされるようになっています。それは人によって違うものですが、声や見た目も含めて、自分で自分に満足している、という自己肯定感はその根底に共通しているように思います。

本講演では、良い声と若さと健康を、なんと一度にすべて手に入れるコツである「笑顔」について、なぜそうなのかを科学的に解説します。日常生活の中で、お金もかけず、辛い思いをしなくても良い、生活の質を向上させる方法を紹介します。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


10月27日のオーサーズカフェは「絶滅生物に命を吹き込む~アンモナイトってどんな生物?~」

絶滅生物に命を吹き込む~アンモナイトってどんな生物?~

横浜国立大学大学院 環境情報研究院 准教授 和仁 良二氏

現在の地球には多様な生物が生息しています。一方で、多くの生物が絶滅したことも、過去の生物の直接的な証拠である化石から理解できます。すでに絶滅してしまい化石でしか知られていない生物は、どのような生物だったのでしょうか?

今回の講演では、約6600万年前に絶滅した“アンモナイト”をテーマに、化石に命を吹き込む方法を紹介します。絶滅生物の不思議な生態と生物進化の不思議さに触れてみたいと思います。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


10月20日 経済セミナー 「日本経済と女性の活躍」

(一社)大学女性協会 神奈川支部主催 公開講演会
経済セミナー  「日本経済と女性の活躍」
~世界の中で独特な日本の“働かせ方”を知って、自分のキャリア形成を考えよう!~

日時:2018年10月20日(土)10:00~12:00
場所:ユニコムプラザさがみはら (ミーティングルーム4)
講師:石塚浩美 (当協会会員,お茶の水女子大学 博士:経済学)
参加費:500円
定員:30名

申込期間:9月1日~10月15日

【申込先】大学女性協会(JAUW)神奈川支部
Email:jauwkanagawashibu@yahoo.co.jp

03-3358-2882 できるだけメールでご連絡ください!

詳細は変更する場合があります。神奈川支部ホームページをご覧ください。

 


10月14日 第6回 ユニコムプラザさがみはら 「まちづくりフェスタ」

市民と大学との連携を目的に年1回開催しています。

大学生が企画するプチ講座や各種団体の体験コーナー、特設ステージでの映画上映など趣向を凝らしたプログラムをご用意して、皆さまのお越しをお待ちしています。

日時: 平成30年10月14日(日) 10:00~15:00

会場: ユニコムプラザさがみはら全館

出展: 47ブース

*詳しくはhttps://unicom-plaza.jp/ご覧ください。


10月13日 こども 発達・成長セミナー (ぐろういんぐ)

第9回 全国発達障がい 成長と能力開発の会

テーマ:  言うことをきかない!

①自分が決めたことしかやらない!

②さわぐ!

③やめられない!

ガミガミ叱らず「自分からやる子」になる方法とは?

日時: 10月13日(土) 10:00~12:15

会場: ユニコムプラザさがみはら

小田急線「相模大野駅」北口徒歩3分

先着30名様 (事前予約制)

申込先: https://55auto.biz/cocoyui/registp.php?pid=5

お問い合わせ先: contact.grownup@gmail.com (090-1773-2131 安藤)

 


10月13日のオーサーズカフェは「子育てに優しいまちづくり~オレンジリボンキャンペーンの紹介~」

子育てに優しいまちづくり~オレンジリボンキャンペーンの紹介~

和泉短期大学 児童福祉学科 教授 櫻井 奈津子氏

オレンジリボンは子ども虐待の防止、子育てに優しい社会の実現をめざすシンボルマークです。子ども虐待の問題と私たちの社会のあり方には密接な関係があります。

11月の「児童虐待防止月間」を前に、虐待を「一部の問題のある親の行為」ととらえるのではなく、社会的な環境や家族が抱える生活課題との関連の中で理解し、虐待を防止するために何が必要か考えていきましょう。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


10月13日 第10回 がんサロンおしゃべリバティー開催

■講演

自分に合った医療を受けるための、医療者とのつきあい方

●講師:患医ネット代表 鈴木 信行氏

 

■がんサロン

私達、がん経験者と一緒にゆっくり、楽しくお話ししてみませんか?

・開催日時: 平成30年10月13日(土)13:30~16:30

・会場: ユニコムプラザさがみはら ミーティングルーム5

・対象者:がん経験者 ご家族 ご友人 医療看護関係者 介護福祉関係者

・定員: 18名 (先着順)

・申込方法: メール osyabeliberty@gmail.com

フェイスブック (@osyabeliberty)インベントリページより参加ボタンを押してください。

・参加費: 500円

*がんサロン おしゃべりバティー 主催

 


10月7日 2018年さがみはら保育フェス

毎年相模原市後援で行なっている「さがみはら保育フェス」。今年は26園がいろいろな場面で参加します。在園児の歌や踊りの発表・作品展、保育園の遊び・プログラミングの体験会、保育士をめざす学生の相談会、そして小規模認可・認定保育室の合同説明会と、今年も盛りだくさんの内容でお待ちしています。

日 時:10月7日(日)10:30~16:15

・10:30~ 学生×保育士交流会 就職相談

・13:00~ 小規模認可・認定保育室合同説明会

・14:00~ 各園ブース形式説明会

会 場:ユニコムプラザさがみはら

入場料:無料

対 象:どなたでも

申 込:不要

主 催:さがみはら保育フェス実行委員会

後 援:相模原市


10月6日 保育の就職説明会 (体験セミナー同時開催)

相模原市私立保育所等が各ブースで事業内容等を説明する合同説明会と現役保育士による体験談セミナーを同時に開催いたします。

◆色々な保育施設を見てみよう!

◆直接なんでも聞いてみよう!

日時:218年10月6日(土) 12:00~16:30

セミナー:12:00~16:30

就職説明会:13:30~16:30

場所:ユニコムプラザさがみはら セミナールーム

小田急線相模大野駅 北口徒歩1分 bono相模大野サウスモール3階

参加対象:保育士等有資格者および取得見込みの方(新卒・既卒不問)

参加費:無料

申込:不要(参加時間自由)

主催:相模原市 相模原市保育連絡協議会

問合せ先:相模原市就職支援センター(清水)

電話:042-700-1618 月~金 8:30~17:00


9月26日 市民・大学交流会: 健康って何だろう!

生きる居場所づくりから「健康」のカタチを考える

1.日時:2018年9月26日(水)13:15~14:45

2.場所:ユニコムプラザさがみはら

相模原市南区相模大野3丁目3番2号bono相模大野サウスモール3階
*小田急線相模大野下車徒歩3分(中央改札口から北口デッキに出て左方向へ)
3.参加費:無料
4.申込先:ユニコムプラザさがみはら TEL:042-701-4370

5.講師: 相模女子大学人間社会学部人間心理学科 講師

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科

研究員 谷口 起代 氏

■「健康」というと、体力作りや食生活改善など、私たちはとかく、生物学的な要素に関心を寄せがちです。しかし、「健康的に生きること」と「生物学的に健康であること」の間には大きな乖離があります。たとえば、障害を持つ人たちと持たない人たちが共に生きる居場所を創っているところには、「共に生きる」という中にある健康、つまり、関係の中にある健康があります。講座では、「生物学的な健康」と「暮らしの中にある健康」の違いを整理し、さまざまな健康のカタチの事例を紹介した後に、皆さんと一緒に、改めて、現代を生きる私たちにとっての「健康」とは何かということを考えたいと思います。

 

 

 

 


9月22日 日本いのちの教育学会 開催

◆2018 LES Life Educations and Studies   日本いのちの教育学会 研修会

 SNS時代に生きる・・・・情報モラル教育だけでは防げないSNSに潜む危険な罠 

1.日時: 2018年9月22日(土)AM 9:30~受付 10:00 ~ 12:00 

2.場所: ユニコムプラザさがみはら セミナールーム2    

    bono相模大野サウスモール3階 (小田急線相模大野駅下車5分)

3.参加費:会員(無料)  非会員(500円)

4.申込:不要(ご自由にご参加ください)

5. 問合せ先:日本いのちの教育学会事務局

tel 045—922—5641  E-mail  mabe@soei.ac.jp

横浜創英大学看護学部養護教諭課程 阿部眞理子

6.主催 日本いのちの教育学会

 

 


9月22日のオーサーズカフェは「染織コレクションについて 日本裂編」

染織コレクションについて 日本裂編

女子美術大学 女子美アートミュージアム 学芸員 藤井 裕子氏

9月12日から開催の女子美染織コレクション展も今年で7年目を迎えます。シリーズ7回目になりました女子美染織コレクション展では、「日本の裂 伝統と技」と題しまして、女子美染織コレクションから正倉院裂~江戸時代の小袖裂を取り上げます。本講演会では、展覧会で展示されている資料から、今回は残念ながらご紹介できない資料まで660点の中から選りすぐりの資料を写真にてご覧いただけます。

また、併せて女子美術大学に新設されました染織文化資源研究所についての概要と施設をご紹介いたします。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


9月8日のオーサーズカフェは「『触覚』の不思議な世界~ユニバーサル・ミュージアムの実践~」

『触覚』の不思議な世界~ユニバーサル・ミュージアムの実践~

東海大学課程資格教育センター 准教授/松前記念館 学芸員 篠原 聰氏

身体性認知科学の分野では、触覚が、私たちの意思決定や心のあり方に影響を及ぼしているとの実験結果が明らかになってきました。触感を記録して再生する触覚メディアの開発も進んでいます。

講座では、触覚を活用したユニバーサル・ミュージアムの実践を紹介します。資料に触る触察体験にもチャレンジします。触覚が拓く新しい感性の働きは、視覚優位の生き方によって失われてしまった本来的な生を取り戻し、私たち一人ひとりの感性の豊かさを認め合う土壌を育みます。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


8月31日 つながる、見えるサイエンス

つながる、見えるサイエンス

~私たちが見る世界は叡智の結晶~ 身近なサイエンスから交通安全・防災・防犯サイエンスまで

子どもの楽しく学ぶ心を育て、安全に対する学びをいかに行うか、地域や関連団体とのコラボレーション活動を通してつながりを創り、私たちが見る世界は、いかに叡智の結晶で満ちているかを伝えたいと考えています。小学生や 就学前のお子様と保護者の方を主な対象としています。20施設以上の関連団体が集まり、様々な展示や体験型のイベントを用意していますので、気軽にお立ち寄りください。

日 時:8月31日(金)11:00~17:00

会 場:ユニコムプラザさがみはら

入場料:無料

対 象:どなたでも (特に小学生、未就学児、

その保護者) 400名程度

申 込:不要

主 催:北里大学医療衛生学部 & VisionCLUB

後 援:相模原市、相模原市教育委員会、町田市

問合せ:北里大学医療衛生学部

准教授 川守田 氏

E-mail:kawa2008@kitasato-u.ac.jp


8月25日のオーサーズカフェは「実はこんなにある“左利き用のグッズ”ご存知ですか?」

実はこんなにある“左利き用のグッズ”ご存知ですか?

菊屋浦上商事株式会社 代表取締役 浦上 裕生氏

日頃、身の回りにある文房具をはじめとした道具を、利き手と逆の手で使ってみてください。「違和感」より「不便さ」を感じませんか?これはあなたの利き手が右手である証拠です。世の中には右手の人のための道具が溢れています。しかし、利き手が左手の人も存在します。左利きの人は日常的にこの不便さを感じています。私たちは、その不便さを取り除くべく、日々、お客様からの声に応えながら、左利きグッズの普及に尽力しています。

今回は、職場体験やインターンなどの地域貢献への当社の取組み、そして左利きグッズにかける思いについてお話します!

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


8月18日と8月25日 さがみはら地域づくり大学・8月開講講座

■郷土の味「酒まんじゅう」を作ろう

8月18日(土)、25日(土)

地域に伝わる食文化のひとつである「酒まんじゅう」を次世代に継承します。郷土料理への関心を深め、体験を通して参加者同士の親睦と交流を図ります。

会 場:ユニコムプラザさがみはら

対 象:15歳以上(中学生を除く)

相模原市に在住、在勤、在学する方、

又は相模原市民活動に興味のある方

※郷土の味「酒まんじゅう」を作ろう

は、親子での参加も可

受講料:1,900円(1講座につき)

定 員:20名

申 込:必要

ユニコムプラザさがみはら

電話 042-701-4370


8月17日~8月23日 PHOTO一番クラブ&おもしろ仲間写真会

平成30年 写真展

PHOTO一番クラブ&おもしろ仲間写真会は課題やジャンルを問わず、自由に写真の撮影を楽しむ集まりです。活動は20年余りになりました。参加自由で1回/月の撮影会と4回/年のプロによる講評会を行っています。

今回の写真展では、選りすぐりの写真を30点展示しますので、ぜひご来場ください。

日 時:8月17日(金)~ 8月23日(木)

10:00~18:00

会 場:マルチスペース

入場料:無料

対 象:どなたでも

申 込:不要

問合せ:青柳 電話 042-745-1062

 


8月11日のオーサーズカフェは「いまこそ聞きたい!星と宇宙のはなし」

いまこそ聞きたい!星と宇宙のはなし

伝統的七夕ライトダウン事務局 大川 拓也氏

この夏の夜空には金星、木星、土星、そして接近中の火星が明るく輝き、さらに8月中旬から下旬にかけては月と惑星の競演が繰り広げられます。さらに条件の良いペルセウス座流星群(8月13日未明に極大)や伝統的七夕(今年は8月17日)もあり、星空を楽しむには絶好のシーズンを迎えます。「はやぶさ2」のリュウグウ到着など宇宙探査の話題も尽きません。

最新の話題にも触れながら、星や宇宙についてお話しします。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


8月4日と8月14日 さがみはら地域づくり大学・8月開講講座

■きらりと輝くPR~

上手な広報のコツ~

8月4日(土)、18日(土)

活動の周知には、効果的な広報とメディアの活用が不可欠です。「広報力」を磨き、メディアを活用して、PR上手になる方法を体感します。

会 場:ユニコムプラザさがみはら

対 象:15歳以上(中学生を除く)

相模原市に在住、在勤、在学する方、

又は相模原市民活動に興味のある方

※郷土の味「酒まんじゅう」を作ろう

は、親子での参加も可

受講料:1,900円(1講座につき)

定 員:20名

申 込:必要

ユニコムプラザさがみはら

電話 042-701-4370


8月4日 若いオストメイト交流会 in かながわ

★若いオストメイトの輪を広げましょう!

対象は59歳までのオストメイト、ご家族・友人・医療関係の方々です!

お待ちいたしております!!

前半:男女別ディスカッション

後半:ストーマ別交流会

1.日時:2018年8月4日(土)13:30~16:30  (受付 13:00~)
2.場所:相模原市立 市民・大学交流センター
ユニコムプラザさがみはら セミナールーム1
相模原市南区相模大野3丁目3番2号bono相模大野サウスモール3階
*小田急線相模大野下車徒歩3分(中央改札口から北口デッキに出て左方向へ)
3.参加費:なし
4.お申込み:不要
5.問合せ先:主催:公益社団法人日本オストミー協会 神奈川支部

TEL:046-291-0239

mail:iufo2007@joa-kanagawa.org


8月4日 ユニコムセミナー(防災)

テーマ:あなたも被災する!備えるのは今

1.日時:2018年8月4日(土)15:15~16:45

2.場所:ユニコムプラザさがみはら

相模原市南区相模大野3丁目3番2号bono相模大野サウスモール3階
*小田急線相模大野下車徒歩3分(中央改札口から北口デッキに出て左方向へ)
3.参加費:無料
4.お問い合わせ先:ユニコムプラザさがみはら TEL:042-701-4370

5.講師:

首都大学東京・東京都立大学 名誉教授

明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員

日本災害復興学会 特別顧問(前会長)

中林 一樹 氏

■阪神・淡路大震災から23年。この間に震度7に直下地震が3回、阪神、中越、熊本地震。そして巨大津波の海溝地震が1回、東日本大震災。この4つの地震で24,100人を超える直接死に加え、4,830人もの震災関連死、その9割は高齢者。30年以内に70%の発生確率といわれている首都直下地震。明日は我が身!あなたも被災する。

あなたとあなたの家族が生き残る備え、生き延びる備え、そして復興する備え。あなたはどんな備えをしていますか?備えるのは今です。明日ではありません。