2017年5月13日

5月6日、5月20日 ユニコムプラザさがみはら ユニコムセミナーを開催します

ユニコムプラザさがみはらでは、日常の暮らしに役立つ実践的な研究成果や地域の課題解決につながる専門的な話題をテーマに市民に分かりやすい講座を提供しています。

日 時:5月6日(土)15:15~16:45

テーマ:園芸療法によるいきいきライフ-生活の質の向上から認知症予防まで

会 場:ユニコムプラザさがみはらセミナールーム2

講 師:東京農業大学   農学部   バイオセラピー学科 教授 土橋 豊氏

対 象:どなたでも

申 込:不要、無料

定 員:先着100名

概 要:現在の日本においては、65歳以上の高齢者は4人に一人の割合となり、世界でも例のない「超高齢社会」となっています。このような時代だからこそ、明るく健康で生きがいのある人生を送るためにはどうしたらいいのか、早くから考えていく必要があります。この講座では、人はなぜ花を愛でるのか、園芸療法とはどういうものであるかなど基本的なことから、園芸療法による生活の質(QOL)の向上や、認知症の予防に対する効果について解説します。

***

日 時:5月20日(土)15:15~16:45

テーマ:安心安全な地域のデザインを考えよう

会 場:ユニコムプラザさがみはらセミナールーム2

講 師:東海大学 工学部 土木工学科 教授 梶田 佳孝氏

対 象:どなたでも

申 込:不要、無料

定 員:先着100名

概 要:地震、豪雨、台風、河川氾濫、土砂災害等の自然災害が多発している我が国では、災害に対する地域の安心安全を確保するには、平時の活動から準備することが重要です。本講座では、東海大学の大学推進プロジェクト「地域デザイン計画安心安全事業」で実施されているコンピューターによる避難行動の検討、スマートフォンを利用した災害情報収集・伝達などの研究と地域との連携の活動を紹介しながら、県央地域の安心安全な地域のデザインを考えます。