2013年8月1日

8月13日伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーン ~灯りを消して親子で星空を見上げよう~ 8月1日受付開始

日 時:8/13 (火) 参加料:無 料 (申込順)
※ 参加には各イベントごとに事前のご予約が必要です

両イベントともに、定員に達しましたため、受付を締め切りました。ありがとうございました。


 今年の8月13日は、国立天文台が提唱する「伝統的七夕」にあたります。伝統的七夕の頃は例年、晴天に恵まれ、夜空には上弦の月が美しく輝きます。月が沈んだ夜半には夜空にひろがる天の川を楽しめます。12日深夜から13日未明にはペルセウス座流星群から降り注ぐ流れ星がもっとも盛んになります。

 夏の夜空にきらめく星の中でも特に有名な星のひとつ、はくちょう座のアルビレオは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の中で『サファイアとトパーズ』と表現されているペアの星で、最も美しい星の一つといわれています。アルビレオは、ちょうど織姫(こと座ベガ)と彦星(わし座アルタイル)の間にあり、天の川の中に位置することから伝統的七夕の夜には頭上高く輝き、街中で天の川の位置を探すときの目印になります。またアルビレオは、望遠鏡を通して眺めると青と橙の星が寄り添っているように見えます。

 このキャンペーンは、20時から全国で一斉に明かりを消して、夜空に輝く七夕の星々や天の川を7分間眺めてみよう、という提案です。ユニコムプラザでは、この提案に賛同して、キャンペーン推進委員長の阪本成一氏(宇宙航空研究開発機構・教授)による「七夕セミナー」を行い、その後bono相模大野屋上庭園で月や土星、夏の大三角(こと座ベガ(織姫)、わし座アルタイル(彦星)、はくちょう座デネブ)、はくちょう座アルビレオを観察します。


旧暦の七夕にあたる8月13日を記憶に残る1日にしてみませんか?皆様のご参加をお待ちしております。

第1部 親子工作教室 映して遊ぼう ちょこっとプラネタリウム

定員に達しましたため、受付を締め切りました。ありがとうございました。

室内で夜空を楽しめる可愛いプラネタリウムです。
P2プラネタリウム

時 間:14:00~16:00
講 師:築地制作所
「造形と子どもの遊び」をテーマに、相模原市南区豊町にて子どもが主役の造形教室「あそびより」を主宰。
教材費:1組500円
対 象:親子20組(4歳~10歳のお子さま)

第2部 七夕セミナー&天体観測
定員に達しましたため、受付を締め切りました。ありがとうございました。

伝統的七夕や夏の天の川、ペルセウス座流星群、『銀河鉄道の夜』とはくちょう座のアルビレオのお話を聞いた後、bono相模大野屋上庭園で20時から7分間、ライトダウンを行います。月や土星、夏の大三角や織姫、彦星、はくちょう座のアルビレオなどを肉眼や望遠鏡で眺めます。
講 師:阪本 成一 氏
伝統的七夕ライトダウン推進委員会推進委員長・宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授
seiichi_01

時 間:18:00~21:00
七夕セミナー 18:00~19:30(セミナールーム)
天 体 観 測  20:00~21:00(bono相模大野屋上庭園Saga-niwa)
※天体観測は雨天の場合、内容を変更します。
対 象:小学生以上の親子60組
DSC_0480

saga-niwa


同時開催:群読音楽劇「銀河鉄道の夜2013」付帯企画
『銀河鉄道の夜』イメージ画展
8/9(金)~8/14(水)
主催:桜美林大学


その他、ショッピングセンターbono相模大野で関連イベントを開催します。
皆様のお越しをお待ちしております。

このイベントは伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーンに登録しています。
bn_500x80