オーサーズカフェ情報

オーサーズカフェ 毎週土曜日 14:00〜15:00 土曜日午後のひとときを、ユニコムプラザさがみはらのオーサーズカフェで過ごしませんか。
地元の大学をはじめ、多彩なキャリア講師がちょっと気になる話を語ります。

5月26日のオーサーズカフェは「自然毒食中毒について」

自然毒食中毒について

麻布大学 生命・環境科学部食品生命学科 教授 良永 裕子氏

自然毒食中毒は動物性と植物性に分類されます。動物性自然毒は魚介類に起因し、フグ毒テトロドトキシン、麻痺性貝毒、シガテラ等が特異症状を引き起こします。しかしフグがフグ毒を作っていないように、これら毒の真の生産者は意外なところにいます。一方、植物やキノコの食中毒は知識不足による採集・誤食によって発生することが多く、素人判断はとても危険です。そして食の安全と安心の意味するもの、私たちが心がけたいことをお話します。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


5月12日のオーサーズカフェは「麻布大学いのちの博物館の楽しみ方」

麻布大学いのちの博物館の楽しみ方

麻布大学いのちの博物館 高槻 成紀氏

麻布大学は創立125周年を記念して「麻布大学いのちの博物館」が開館しました。展示品の主体は動物の骨格標本で、すべて本物で、レプリカはありません。また獣医学の血管標本、環境科学部や大学の歴史を伝えるコーナーなどもあります。また学生による「ハンズオンコーナー」では、直接骨をさわれる機会を提供しています。博物館は大学と市民をつなぐ「大学の出窓」と考え、地域市民、子供も参加できる博物館として好評を得ています。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2