オーサーズカフェ情報

オーサーズカフェ 毎週土曜日 14:00〜15:00 土曜日午後のひとときを、ユニコムプラザさがみはらのオーサーズカフェで過ごしませんか。
地元の大学をはじめ、多彩なキャリア講師がちょっと気になる話を語ります。

4月28日のオーサーズカフェは「動物福祉(アニマルウェルフェア)に配慮した畜産食品の生産と流通の課題と考え方」

動物福祉(アニマルウェルフェア)に配慮した畜産食品の生産と流通の課題と考え方

麻布大学 獣医学部 動物応用科学科 教授 大木 茂氏

アニマルウェルフェア(AW)に配慮した畜産生産は、EUだけでなく米国などでも急速広がりつつある。卵では、ケージで飼養しないケージフリーや庭を歩き回るフリーレンジなどが商品として広がりつつある。またブロイラーは、もともとケージで飼養していないが、小屋の中で1羽当たり飼育面積を広げる動きが進んでいる。加えて、ワンヘルスという考え方で、抗生物質や合成抗菌剤を使わないブロイラー飼育が急激に広がっているのも米国の特徴である。最後に今後の日本畜産と食の方向性を考えてみたい。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


4月14日のオーサーズカフェは「命と向きあう教室」

命と向きあう教室

和光大学 現代人間学部 身体環境共生学科 准教授 制野 俊弘氏

東日本大震災で親を亡くした多くの子どもたち。それを誰にも言えず,心の奥にそっとしまい込んだまま,鍵を閉めてしまった子どもたち。その中に夢の中で行方不明の父親と亡くなった母親に手を伸ばそうとするA子がいます。未曽有の大災害の中で,生活も地域も,そして家族も失った子どもたちがどのようにお互いの本音を交流し,支え合ったか―今回は,その生徒たちの姿に迫った「命とは何かを問う授業」を紹介します。

オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2