オーサーズカフェ情報

オーサーズカフェ 毎週土曜日 14:00〜15:00 土曜日午後のひとときを、ユニコムプラザさがみはらのオーサーズカフェで過ごしませんか。
地元の大学をはじめ、多彩なキャリア講師がちょっと気になる話を語ります。

3月26日のオーサーズカフェは「哲学の謎:〈私〉とは何か?」

哲学の謎:〈私〉とは何か?
北里大学 一般教育部 人間科学教育センター 人文社会科学 教授 大石 敏広氏
例えば、カッターで指を切ったとき、あなたも友達も思わず、「(私は)痛い!」と叫ぶでしょう。しかし、あなたは友達の痛みを感じることはできません。つまり、あなたが知っているのは、あなたが感じる痛みだけではないでしょうか。もしそうだとするなら、あなたはあなたの「私」については知っているけれども、友達の「私」については何も知らないということにならないでしょうか。
オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


3月5日のオーサーズカフェは「薬膳の基礎と春の薬膳」

薬膳の基礎と春の薬膳
相模女子大学 栄養科学部 健康栄養学科 教授 阿部 芳子氏
日常生活の中の薬膳的な考え方や事物にふれながら、薬膳の基本的な考え方と理論をお話しします。また、季節と薬膳の関係に特化して、春の薬膳について、季節の特徴、罹りやすい疾病、薬膳献立に活用したい食材の効能について、薬膳の五性、五味などの観点からお話しします。ここでの薬膳は、あくまでも未病の予防を目指すものとし、薬膳で取り上げる食材は身近な食材を主とします。
オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


2月27日のオーサーズカフェは「『ロミオとジュリエット』の相貌― 演劇、オペラ、ミュージカル、バレエ… ―」

『ロミオとジュリエット』の相貌― 演劇、オペラ、ミュージカル、バレエ… ―
相模女子大学 学芸学部 メディア情報学科 教授 田畑 雅英氏
今年没後400年を迎えるシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』は、恋愛悲劇の代名詞となり、もとの演劇だけでなく、映画・小説・漫画など、さまざまなメディアによる改作でも親しまれています。今回は、オペラやミュージカル、バレエなど、音楽劇として再構築された『ロミオとジュリエット』のいくつかを取り上げ、原作とも比較しながら、それぞれの表現や内容の特徴について考えます。
オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2