オーサーズカフェ情報

オーサーズカフェ 毎週土曜日 14:00〜15:00 土曜日午後のひとときを、ユニコムプラザさがみはらのオーサーズカフェで過ごしませんか。
地元の大学をはじめ、多彩なキャリア講師がちょっと気になる話を語ります。

12月26日のオーサーズカフェは「名曲探偵が明かすベートーヴェン《第九》のヒミツ」

名曲探偵が明かすベートーヴェン《第九》のヒミツ
玉川大学 芸術学部芸術教育学科 教授 野本 由紀夫氏
日本では毎年、年末恒例になっているベートーヴェンの《第九》、すなわち交響曲第9番《合唱付き》。曲に隠された意外なヒミツとは?! シーズン真っただ中の12月だからこそ、この曲を楽しみ、深く味わうための「名曲解剖」を、NHK「名曲探偵アマデウス」や「ららら♪クラシック」の監修者として培ったノウハウを駆使して、みなさまにお伝えします。
オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


12月12日のオーサーズカフェは「福祉の現場から ~その本当の魅力をお話します」

福祉の現場から ~その本当の魅力をお話します
社会福祉法人 県央福祉会 常務理事
身体障害者生活介護事業 パステルパレット 所長
介護保険通所介護事業 ほっぷ 所長
海老沢 祐次氏
古くから3K職場の代名詞のようなイメージが先行しがちな福祉に関わる仕事ですが、一方で今後の社会にとって欠かすことのできない仕事でもあります。そんな福祉の仕事について、いろいろなエピソードも含めながら、その隠された魅力をお話しします。
オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


11月21日のオーサーズカフェは「〈ことば〉の復権―国民的作品『羅生門』(発表から100年)を〈読み〉つつ―」

〈ことば〉の復権―国民的作品『羅生門』(発表から100年)を〈読み〉つつ―
学校法人和泉短期大学理事/国際芥川龍之介学会代表理事 宮坂 覺氏 
 〈ことば〉の〈軽さ〉が、今日の日本社会の混乱を生んでいます。
 〈ことば〉は、人の尊厳である〈感じ〉〈考え〉〈行動する〉、不可欠のツールです。〈ことば〉の本来の〈重さ〉を、芥川龍之介の国民的作品「羅生門」を〈読み〉ながら〈感じ〉たいと思います。
 「羅生門」が発表されて、今年は100年に当たります。その〈読み〉の現状と可能性を探ることは、〈ことば〉の〈重さ〉を再認識することに繋がると考えます。そして、個人が持っている可能性を再認識することにもなるでしょう。
 オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2