オーサーズカフェ情報

オーサーズカフェ 毎週土曜日 14:00〜15:00 土曜日午後のひとときを、ユニコムプラザさがみはらのオーサーズカフェで過ごしませんか。
地元の大学をはじめ、多彩なキャリア講師がちょっと気になる話を語ります。

10月17日のオーサーズカフェは「三味線って!まさかそんな楽器だったとは」

三味線って!まさかそんな楽器だったとは
歌舞伎音楽常磐津節三味線演奏家
重要無形文化財常磐津節総合認定保持者 常磐津東蔵氏 
 三味線は、日本人が自然界の音を言語脳と言われる左脳で捉える特性により発明された。絃楽器であるがバチを使うことで打楽器にもなる。情緒豊かに醸し出される音は不思議で面白い。歌舞伎の舞台効果を高めるために演奏テクニックが工夫されたその三味線音楽の情緒は、江戸時代の芸能だけでなく浮世絵・工芸品等の文化全般に反映された。
 オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2


9月19日のオーサーズカフェは「吸血鬼映画を読み解く」

吸血鬼映画を読み解く
北里大学 一般教育部 人間科学教育センター 人文科学 教授 野村 廣之氏
 近年では毎年のように吸血鬼映画の新作が公開されています。なぜ吸血鬼映画がこれほどたくさん作られてきたのでしょうか。この講義では、『ノスフェラトゥ』(監督F・ムルナウ1922)・『吸血鬼ドラキュラ』(監督テレンス・フィッシャー、1957)・『ドラキュラ』(監督フランシス・コッポラ、1992)・『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(監督ニール・ジョーダン、1994)等の吸血鬼映画を取り上げて、なぜ吸血鬼映画が好まれるのか、その理由を考えてみたいと思います。
 オーサーズカフェ  14:00~15:00 ロビー2