オーサーズカフェ情報

オーサーズカフェ 毎週土曜日 14:00〜15:00 土曜日午後のひとときを、ユニコムプラザさがみはらのオーサーズカフェで過ごしませんか。
地元の大学をはじめ、多彩なキャリア講師がちょっと気になる話を語ります。

4月26日のオーサーズカフェは「高田喜佐 THE SHOES」

4月26日(土)14:00~15:00
 
高田喜佐 THE SHOES

女子美術大学 女子美アートミュージアム 学芸員 須藤 良子氏

 日本のシューズデザイナーとして草分け的存在の高田喜佐(1941-2006)。彼女が41年間に世に送り送り出した靴は、彼女の生き方そのものといえます。ファンタジックなパンプス、カラフルな“ぽっくり”、草履サンダル、大人のズック。「靴はファンタジー」を実践してきた高田喜佐のクリエイションの軌跡と多彩なライフスタイルを展覧会の様子とともにご紹介いたします。


4月19日のオーサーズカフェは「ランに親しむ」

4月19日(土)14:00~15:00
 
ランに親しむ

玉川大学 農学部 教授 山﨑 旬氏

 日本の野山に自生するラン科植物には、エビネ、キンラン、シュンランなどが知られています。これらは花の可憐な美しさだけなく、近年は絶滅危惧種という側面からも注目されています。園芸植物としても魅力的なランですが、1mmに満たない微細な種子は、土に播いて水を与えるだけでは容易に発芽しません。今回は「ラン」という植物に着目し、独特な形の花や普段あまり見ることがない果実や種子をご覧いただき、花の仕組みや不思議な生態を紹介します。
 


4月12日のオーサーズカフェは「美術館の仕事とは?~学芸員と考える“美術館を支える人たち”」

4月12日(土)14:00~15:00
 
美術館の仕事とは?~学芸員と考える“美術館を支える人たち”

女子美術大学 女子美アートミュージアム 学芸員 足立 圭氏
 
 美術館で開催される展覧会は誰がどのように作っているのでしょうか?そして、展覧会に出品される作品はどのように運ばれてくるのでしょうか?普段は皆さんが目にする機会のない「美術館の裏側」を美術館学芸員の視点からお話しします。美術館や展覧会にまつわるさまざまな疑問を解決すれば、美術がもっと身近で楽しい存在になるかもしれません。
 


4月5日のオーサーズカフェは「沙漠化を防ぎ、生活を豊かに…内蒙古での緑化支援20年を振り返って」

4月5日(土)14:00~15:00
 
沙漠化を防ぎ、生活を豊かに…内蒙古での緑化支援20年を振り返って

麻布大学 獣医学部 教授 押田 敏雄氏
 
 日本から一番近い沙漠、それは中国内蒙古自治区に広がる「ケルチン沙地」(広さは、東西に400km、南北に250km)です。1995年よりボランティアの人々と烏蘭敖都(ウーランアオジュ)村(北京から北西に650km)で、緑化の支援を行っています。緑化を通じて、村人の生活水準の向上、村人とのふれあい、自然の偉大さを実感し、春に日本に飛来する黄砂を少しでも食い止められればと思います。