イベントスケジュール

イベント情報のお知らせです。
誰でも参加できるイベントに、お気軽にご参加下さい。

12月23日(月・祝) 相模大野の子どものまち

■相模大野の子どものまち実行委員会■
  
相模大野の子どものまち
  
DSC_0213
  
 【子どものまち】は、子ども達が自分達でつくったまちであそぶというドイツ発の最高にカッコいいイベントです。まちという社会を、遊びを通して体験することで子ども達の積極的な社会参画を促し、未来の相模原を支え活躍する人材を育てることが目的です。小学3年生以上15歳以下で1人でも参加できる子ども達が対象です。子ども市民はまちで働き、給料をもらい、税を納め、買い物や食事をするなどしてまちを楽しみます。地域の若者が活躍して子ども達が楽しむ相模大野の子どものまち。あなたも子ども達と一緒に仮想のまちを創りませんか?
  
日時:12月23日(月・祝)
会場:ユニコムプラザさがみはら
参加費:無料
対象:小学3年生以上15歳以下(要事前申込)
お問い合わせ:相模大野の子どものまち実行委員会
事務局 smp@minisagamihara.lolipop.jp
主催:相模大野の子どものまち実行委員会
後援:相模原市 相模原市教育委員会 相模原市小中学校PTA連絡協議会 相模女子大学
協賛:株式会社ライフコーポレーション サーティーフォー そばや池乃家
協力:アキヨシカズタカ ガリケンデザイン 喫茶パークサンド そばや池乃家
ヒロセ洋菓子店 風林堂 藤野ベーグル工房 焼肉八起 よむよむ原当麻駅前店
スマイル ミニシティ プロジェクト
  


12月21日のオーサーズカフェは「木もれびの森って知っていますか?」

12月21日(土)14:00~15:00

木もれびの森って知っていますか?

財団法人 相模原市みどりの協会 主事
NPO法人相模原こもれび 副理事長 高橋 孝子氏

 「木もれびの森」は、南区の緑の拠点として位置づけられている73ヘクタールの平地林で、特別緑地保全地区に指定されています。面積は大変広く東京ドーム15個分になります。この広さで残っている平地林は全国でも珍しく、少しでも沢山の方に森を知っていただき後世に良いかたちで残せていけたらと思っています。春・夏・秋・冬と四季によって森は様々な姿をみせてくれます。ぜひ一度森に足を運んでみてください。


12月15日(日) こども向け職業体験イベント「おしごとなりきり道場」

■ 夢★らくざプロジェクト■

こども向け職業体験イベント「おしごとなりきり道場」

DSC_5964

「おしごとなりきり道場」は、こどもを対象としてさまざまな職業のプロが仕事の魅力を伝える体験型イベントです。将来の夢を意識しはじめたこどもたちが、ワークショップやロールプレイングを通しておしごとを体験することで、「夢★デザイン」をしていきます。10回目となる今回は、相模原で初めての開催となります。体験できるおしごとは、スタイリスト、アロマセラピスト、ラジオディレクター、ネイリストなど、10種類以上。この機会にぜひいろいろなおしごとを体験してみて下さい。参加は事前申し込み制です。詳しくは、ホームページ(www.rakuza.jpn.com)をご確認下さい。

日時:12月15日(日)10時~17時40分
会場:セミナールーム
主催:夢★らくざプロジェクト
お問い合わせ:info@rakuza.jpn.com


12月14日のオーサーズカフェは「飯舘村の放射能汚染被害実態と支援活動」

12月14日(土)14:00~15:00

飯舘村の放射能汚染被害実態と支援活動

日本大学 生物資源科学部教授 糸長 浩司氏

 東京電力福島第一原発事故による放射能汚染被害地域の福島県飯舘村の放射能被害実態、避難地での生活、村民の帰村及び移住意向、除染の見通し、そして今後の村民達の生活再建、帰村・移住についての課題と提案について講演します。講師は事故以前から、約20年間飯舘村の住民参画でエコロジカルな村づくりを指導し、被災後も子ども疎開キャンプ、共同菜園づくり、移住提案等を行ってきています。


12月8日(日) 遺伝なの?どうなの?自閉症の話 -医療の立場から-

■TEACCHプログラム研究会 神奈川支部■

遺伝なの?どうなの?自閉症の話 -医療の立場から-

T01

T02

TEACCHとは、1960年代より米国・ノースカロライナ州で発展してきた自閉症の人達のための生活支援制度で、取り巻く環境の意味を伝え、意味のあるコミュニケーションをしながら、共存世界を目指そうとするプログラムです。それは自閉症の特性理解に大きな礎を置くもので、今や世界中に知られ、また実際に応用されるところとなっています。今回は、児童精神科医の高橋和俊氏をお迎えして、自閉症の遺伝について、薬、診断の話など、自閉症にまつわる最新情報を研究の成果などもふまえて医学の視点から、分かりやすく解説していただきます。

日時:12月8日(日)12時30分受付開始 13時~16時 会場:セミナールーム
お問い合わせ:info.teacchkanagawa@gmail.com TEACCHプログラム研究会 神奈川支部


12月7日のオーサーズカフェは「腰痛とは? ~予防と改善の簡単トレーニング~」

12月7日(土)14:00~15:00

腰痛とは? ~予防と改善の簡単トレーニング~

NPO法人Spitzen Performance 代表理事 多田 久剛氏

 多くの人が腰痛に悩まされています。それはアスリート達も同じです。腰痛にはいくつか種類がありますが、一般の方もトップアスリート達もその原因はほとんど変わりません。講座では腰痛の原因を分かり易く解説し、骨盤の傾きと腰痛との関連という観点からこれまで多くのアスリートの腰痛を予防・改善してきた簡単なトレーニング方法を紹介します。現在スポーツをしている人もしてない人も、学生さんから中高齢者まで、これまで腰痛に悩まされてきた人は一見の価値あり。


12月7日(土) 職子屋(Shiki-go-ya) 〜学生と社会人によるキャリアの学び合いの場〜

■ボランティア団体 職子屋(Shiki-go-ya)@東京校■

職子屋(Shiki-go-ya) 〜学生と社会人によるキャリアの学び合いの場〜

2013-09-07 15.36.05

ロゴ大

イキイキと働き、そして生きる人がどんどん増えていけば、きっと社会はもっとよくなる!そんな思いを持ちながら、「キャリア」について問題意識のある老若男女がリアルに集い&語る、対話の場をユニコムプラザで毎月、運営しています。対話の場の主な話題は「働き方」「生き方」です。世代を超えた「ヨコの関係」の場で、皆でワイワイ、終了後の懇親会も含め、毎回楽しく学び合っています。学生から社会人までどなたでも参加いただけますので、ぜひ対話の場に遊びにいらしてください!

日時:12月7日(土)13時30分〜17時 会場:実習室1
テーマ:「2つの顔をもつ働き方(パラレルキャリア)」
~「本業の顔」×「別の顔」で、豊かなキャリアと人生を築こう!~
対象:キャリアに関して問題意識のある方なら、老若男女どなたでも
費用:会場費や文房具等の備品代の運営費用を、皆様のお気持ち(カンパ)で
定員:30名
お問合わせ:shikigoya@gmail.com 職子屋@東京校
090-9231-5537 後藤翔志(職子屋@東京校代表)