イベントスケジュール

イベント情報のお知らせです。
誰でも参加できるイベントに、お気軽にご参加下さい。

11月30日のオーサーズカフェは「ノロウイルスやインフルエンザなど感染症予防と対策」

11月30日(土)14:00~15:00

ノロウイルスやインフルエンザなど感染症予防と対策

北里大学病院 感染管理室                            
感染管理認定看護師                               
看護キャリア開発・研究センター 認定看護師教育課程 主任教員 藤木 くに子 氏

 ウイルス感染は気付いた時には家族内や職場内で複数の感染が発生します。症状が始まる数日前からウイルスを放出しているからです。対策として大事なことは流行する前からの予防と発生した当初の対策です。本講座ではウイルスの特徴を理解し、予防と対策についてお話します。特に、環境対策としてリネンや清掃についてお話したいと思います。


11月29日(金) さがみはらスイーツフェスティバル2013

■さがみはらスイーツフェスティバル実行委員会■
  
さがみはらスイーツフェスティバル2013

全員集合1

 9月13日から始まったさがみはらスイーツフェスティバルもいよいよ終盤。11月9日(土)10日(日)のアリオ橋本での販売イベント、11月29日にはユニコムプラザに芝田山親方を迎えて、コンテストを行います。当日はユニコムプラザを利用している学生さんも審査委員に加わる予定で大いに期待されています。コンテストは一般公開はしませんが、終了後に公式ホームページ等で結果発表を行います。出品されているスイーツはクリスマス近くの12月20日まで各店で販売していますので、まだまだ楽しめそうです。

 
日時:11月29日(金)11時~17時  会場:セミナールーム、実習室他
主催:さがみはらスイーツフェスティバル実行委員会
お問い合わせ:sagamihara-sweets@jcom.home.ne.jp
TEL:042-786-2451 FAX:042-786-2458


11月24日(日) 働くひとワールドカフェ~つながりの可視化。【Myプロジェクト】をみつけよう~

■一般社団法人SoLaBo■
働くひとワールドカフェ
~つながりの可視化。【Myプロジェクト】をみつけよう~

ワールドカフェ写真2

 社会人と学生がワークショップ形式で交流する場です。学生には「働くって何?を整理する場」であり、社会人には「自分が働く上で大切なものは何かを改めて見直す時間」となります。世代に関係なく、いま大切にしたいこと、見えている視点を共有し、話せる仲間を見つけませんか?『つながり』から【Myプロジェクト】をみつけたい方、具体的に行動に移してみたい方、参加をお待ちしています!
  
日時:11月24日(日)13時30分~16時30分
会場:セミナールーム1
対象:大学生、社会人 参加費500円
主催:一般社団法人SoLaBo
申し込み:info@solabo.net  ※Web、Facebookからもお申し込みできます。


12月14日(土) 親子キッチンかがく遊び ~食材の中にひそむ科学~

親子キッチンかがく遊び
 ~ 食材の中にひそむ科学 バターづくりと色がわりホットケーキ

  
身近な素材とおいしく食べられるメニュー作りを通して、親子でかがく遊びを楽しみましょう。
  
● 日  時 : 2013年12月14日(土) 14:00~16:00
● 会  場 : ユニコムプラザさがみはら 実習室1
● 講  師 : 築地制作所 立花 愛子氏 ほか
● 対  象 : 4歳~10歳の子どもとその保護者 ※1組につき保護者1名とお子様2名まで
● 定  員 : 15組程度
● MENU : 生クリームでフリフリバターづくり & びっくり化学反応!色がわりホットケーキ
● 参 加 費 : 親子1組2名様は800円、1組3名様は1,100円 
● 申  込 : 11月30日までに 直接窓口またはお電話にてお申し込みください
● 備  考 : 参加者は抽選により決定します。抽選結果は、12/2~5の間にお電話にてご連絡します。
【 重 要 】牛乳・卵・小麦粉・フルーツジャム等を使用します。アレルギーのある方はご参加頂くことが出来ません。
  
【講師紹介】
◆ 築地制作所 : 造形作家と、フリー編集者による制作ユニット。
  「造形と子どもの遊び」をテーマに、書籍、イベント、テレビなどで活動を展開。
  相模原市南区豊町にて、子どもが主役の造形教室「あそびより」を主宰。
◆ 立花 愛子(たちばなあいこ)氏 : 相模原市南区在住、造形かがく遊び作家。
  子どもの造形教室指導、NHK 教育テレビ理科番組の造形制作を経て、現在はおもに幼児、保育士、
  母親向けの雑誌や児童書で、かがく遊びを中心とした造形制作を手がけている。
  BS日本テレビの「それいけ!アンパンマンくらぶ」では、かがく遊びの愛子先生として出演。
  
★お問合せ・お申し込みは・・・ユニコムプラザさがみはら ℡:042-701-4370(担当:鈴木・金森)
  
  


11月23日(土・祝) こども体験イベント「ここに魚が?!遊び場が?!」~作って、遊んで、見て、知って~

■はっぴぃアクアリウムプロジェクト■
こども体験イベント「ここに魚が?!遊び場が?!」~作って、遊んで、見て、知って~
DSCF0211P

「はっぴぃアクアリウムプロジェクト」とは、北里大学と和泉短期大学の学生の有志が集まってできたプロジェクトです。今回、プロジェクトの活動成果として、こども体験イベント「ここに魚が?! 遊び場が?!」をユニコムプラザさがみはらで開催することになりました。
北里大学では海の生き物たちと触れ合えるタッチプールと海や川の魚の展示を行います。和泉短期大学では、身近なものを使ったおもちゃ作りコーナーを設置します。また、今回の開催に協力いただいた冒険遊び場を作る会では、段ボールハウスなど楽しい遊び場を用意してお待ちしています。
その他にも「冒険遊びってなんだろう?」という方のための大人向けの講演会「遊びがひらく大人と子どものパートナーシップ」(13時~14時30分)も中川奈緒美さん、安藤耕司さんを講師にお迎えして開催します。ぜひ親子でおこしください。

日時:11月23日(土・祝)10時30分~15時
会場:セミナールーム、実習室、マルチスペース他
対象:親子(小学生以上は友達同士も可)
主催:はっぴぃアクアリウムプロジェクト「北里大学、和泉短期大学」
協力:相模原に冒険遊び場を作る会、公益社団法人相模原・町田大学地域コンソーシアム
お問い合わせ:happyaquarium2013@gmail.com TEL:042-754-1133 和泉短期大学


11月16日のオーサーズカフェは「建築に風を入れる」

11月16日(土)14:00~15:00

建築に風を入れる

東京工芸大学 工学部 教授                           
風工学研究センター長  大場 正昭 氏

 古来、日本では夏の蒸し暑さへの対応として建物に通風を有効利用してきました。京都の桂離宮は、夏の強い日差しを遮るために、軒には深い庇、外壁には十分な障子の開口が設置され、蒸暑気候に対応するための徹底した通風設計、採涼設計が施されています。今改めてこの伝統的な環境調整技術が見直されています。通風の利用により、建築物の環境負荷低減と室内空気質の向上が図られ、省エネルギーへの有効な技術手段となります。各地に建設されている「環境に配慮した自然換気利用建物」を紹介します。


11月9日のオーサーズカフェは「丹沢の自然再生」

11月9日(土)14:00~15:00

丹沢の自然再生

東京農工大学 名誉教授                             
丹沢大山自然再生委員会委員長  木平 勇吉 氏

 丹沢の自然はひどく荒れています。土が流れ、水が汚れ、ブナが枯れ、シカやクマは飢えています。これを回復させて、かつての健全な生態系と美しい丹沢を取り戻すために市民と行政との協働事業が進められています。その結果、今、丹沢に自然再生の確かな兆しが見えてきました。この10年間の活動の内容と成果を写真を使って説明します。


11月4日(月) 北里大学サイエンスラボラトリー@ユニコムプラザ(第1回) 身の回りの不思議な物理現象

■北里大学理学部物理学科■
北里大学サイエンスラボラトリー@ユニコムプラザ(第1回) 身の回りの不思議な物理現象
実験:-180℃で出現する超伝導の世界
SuperConductivity_super2

 超伝導は、極めて低い温度で電気抵抗がゼロになる現象で、医療用MRIなど身の回りの装置で使用され、また、磁気浮上式リニアモーターカーの開発と関わっています。1986年に発見された酸化物高温超伝導体(La-Ba-Cu-O系物質)では、液体窒素温度(-180℃)で超伝導が実現します。-180℃を作り出し、超伝導の電気抵抗ゼロの現象と、マイスナー効果による磁気浮上(写真)をユニコムプラザさがみはらにて公開実験します。北里大学理学部物理学科学生実験のメニューの一つです。
  

日時:11月4日(月) 14時~15時 会場:実習室2
対象:小学生から大人の方まで科学に関心をお持ちの方
主催:北里大学理学部物理学科
お問い合わせ:rigaku@kitasato-u.ac.jp


11月3日(日・祝) かんじる学校 あそびじゅつ「石の彫刻」

■公益財団法人相模原市民文化財団■

かんじる学校 あそびじゅつ「石の彫刻」
asobi131103

 「かんじる学校 あそびじゅつ」は、つくりながら、みること、考えることの楽しみを発見する子どものための美術講座。「美術が上手になる」のではなく、「美術が好きになる」豊かな芸術の場として、楽しみながら、あそびながら、芸術と向きあうことを子どもたちと一緒に考えていきます。
 「石の彫刻」…新島で採れる「抗火石(コーガ石)」は、やわらかくて、さわるとざらざらしているんだよ。この石を、マイナスドライバーで彫っていくんだ。考えて、さわって、そして見ていくと、いろいろなかたちの石の、いろいろなことばが聞こえてくるよ。さぁ、石といっしょにあそんでみよう。

  
日時:11月3日(日・祝)10時~15時 会場:実習室2 参加費:1,500円
定員:25名(募集は終了しました)
主催:公益財団法人相模原市民文化財団
共催:公益社団法人相模原・町田大学地域コンソーシアム
後援:相模原市教育委員会
協力:多摩美術大学 生涯学習センター
お問い合わせ:042-749-2205 企画班


11月2日のオーサーズカフェは「都市部の自然とのつきあい方」

11月2日(土)14:00~15:00

都市部の自然とのつきあい方

和光大学 現代人間学部 教授    
地域・流域共生センター長  堂前 雅史 氏

 環境の時代と言われている今日、人間と野生生物が共存できる社会や文化を創ることが求められています。今回は、あえて遠くの自然ではなく、私たちの生活圏にある自然環境に着目して、生きものの目から見た視点や、地域社会について考える視点から、自然環境とどのように付き合っていくのかを、「環世界」と「流域」という語をキーワードとして一緒に考えましょう。


11月1日(金)~6日(水) ZEN展

■ZEN展■
  
ZEN展
201202221736334788
 
 「ZEN展」は、全国公募展として1985年に相模原で発足した「紫胡会」を前身とし、毎年8月22日~30日に上野東京都美術館にて、書、絵画(日本画、水墨画、油彩画、水彩画、パステル画、アクリル画、押し花絵画、イラスト)、工芸、立体(服飾、彫刻、ガラス、陶芸、人形、ビーズ、ネイル、3D絵画)、写真、パフォーマンスを発表しいます。今回は相模大野近郊在住の作家作品を選抜して開催します。

  
日時:11月1日(木)~11月6日(水)10時~18時(11月6日(水)は15時まで)
会場:マルチスペース
主催:ZEN展
お問い合わせ:i-wanko.mey@zenten.info
TEL:042-778-0720 FAX:042-778-0930