オーサーズカフェ情報

オーサーズカフェ 毎週土曜日 14:00〜15:00 土曜日午後のひとときを、ユニコムプラザさがみはらのオーサーズカフェで過ごしませんか。
地元の大学をはじめ、多彩なキャリア講師がちょっと気になる話を語ります。

8月31日のオーサーズカフェは「学生の実践コミュニティと里山コミュニティ~あざおね社中の場合」

8月31日(土)14:00~15:00

学生の実践コミュニティと里山コミュニティ~あざおね社中の場合

麻布大学 生命・環境科学部 環境科学科 地域環境研究室 専任講師   村山 史世氏

 相模原市の西端に準限界集落「青根」で活動する学生の実践コミュニティ「あざおね社中」は、復活させた棚田を拠点に、生物多様性の把握、環境学習、環境まちづくりを実践しています。あざおね社中の活動と、その活動が青根の地域コミュニティに与えたインパクトを紹介します。 


8月24日のオーサーズカフェは「相模原台地の成り立ち」

8月24日(土)14:00~15:00

相模原台地の成り立ち

相模原市立博物館 地質担当学芸員  河尻 清和氏
 
 相模原市東部に広がる平坦な地形は相模原台地と呼ばれており、多摩丘陵と丹沢山地の間に細長くのびる台地です。相模原台地には、昔の相模川が運んできた砂礫層と火山灰が少しずつ降り積もってできた関東ローム層が見られます。厚く堆積した関東ローム層は相模原台地が活発な火山活動の影響を受けて形成された証拠です。相模原台地の成り立ちと火山活動の関係について解説します。


8月10日のオーサーズカフェは「群読音楽劇 銀河鉄道の夜 ~市民参加企画の魅力と可能性~」

8月10日(土)14:00~15:00

群読音楽劇『銀河鉄道の夜』 ~市民参加企画の魅力と可能性~

桜美林大学 芸術文化学群演劇専修准教授 ・ 桜美林大学パフォーミングアーツ・インスティチュート制作ディレクター         
能祖 將夫 氏
  
     
 桜美林大学では7年前から市民と学生とプロのアーティストで創る’群読音楽劇 『銀河鉄道の夜』’を公演しています。市民と学生はオーディションで選抜され、毎年中学生から70代、80代の方まで幅広い世代の方が出演しています。全国でも類を見ない私たちの取り組みを紹介しつつ、“市民参加企画”の魅力と可能性をお話しします。                                                           


8月3日のオーサーズカフェは「これなら毎年受けられる内視鏡の話」

8月3日(土)14:00~15:00


これなら毎年受けられる内視鏡の話

富士フイルムメディカル株式会社 内視鏡・超音波事業本部 事業推進部 
関 正広氏

 胃や食道の病気は、早期に発見できればほとんど完治させることができますが、そのためには定期的な医療施設での受診が欠かせません。一方では、内視鏡検査で苦しい思いを経験された方も多数いらっしゃいます。そのような中、鼻から入れる胃の内視鏡検査は「つらくない」と多くの方々から喜ばれており、経験された方のうち9割以上が「次回も鼻から」の検査を希望されています。経鼻内視鏡、カプセル内視鏡を始めとして安全で苦痛の少ない機器と検査を紹介します。