イベントスケジュール

イベント情報のお知らせです。
誰でも参加できるイベントに、お気軽にご参加下さい。

8月31日のオーサーズカフェは「学生の実践コミュニティと里山コミュニティ~あざおね社中の場合」

8月31日(土)14:00~15:00

学生の実践コミュニティと里山コミュニティ~あざおね社中の場合

麻布大学 生命・環境科学部 環境科学科 地域環境研究室 専任講師   村山 史世氏

 相模原市の西端に準限界集落「青根」で活動する学生の実践コミュニティ「あざおね社中」は、復活させた棚田を拠点に、生物多様性の把握、環境学習、環境まちづくりを実践しています。あざおね社中の活動と、その活動が青根の地域コミュニティに与えたインパクトを紹介します。 


8月24日のオーサーズカフェは「相模原台地の成り立ち」

8月24日(土)14:00~15:00

相模原台地の成り立ち

相模原市立博物館 地質担当学芸員  河尻 清和氏
 
 相模原市東部に広がる平坦な地形は相模原台地と呼ばれており、多摩丘陵と丹沢山地の間に細長くのびる台地です。相模原台地には、昔の相模川が運んできた砂礫層と火山灰が少しずつ降り積もってできた関東ローム層が見られます。厚く堆積した関東ローム層は相模原台地が活発な火山活動の影響を受けて形成された証拠です。相模原台地の成り立ちと火山活動の関係について解説します。


8月21日 GENKIっ子クラブ夏休みデイキャンプ

■GENKIっ子クラブ■ 

GENKIっ子クラブ夏休みデイキャンプ IN ユニコムプラザ

GENKIっ子クラブ調理実習風景hp
 GENKIっ子クラブは、北里大学を拠点として、医師・管理栄養士・看護師・理学療法士が協力し合い、過体重の子どもとその家族への支援を充実させていくことを理念として活動しています。月に2回程度、北里大学やユニコムプラザで、体を使った遊びや、食事や体のことを楽しく勉強しています。
 夏休みは、体を動かすことが少なくなりがちです。そこで通常の活動に加え、デイキャンプを実施します。ユニコムプラザでは調理体験や食品を使った実験を行います。8月21日のみの参加は受け付けていませんが、関心のある方は下記のメールアドレスまでお問い合わせ下さい。

日時:8月21日(水)9時~17時
会場:実習室1
対象:肥満度中等度以上の小学生とその家族約10組
お問い合わせ:GENKIっ子クラブ専用アドレス kitasatogenki@yahoo.co.jp 
(代表者 北里大学病院小児科 田久保憲行)


8月18日 さがみはら子どもアントレ

■さがみはら産業創造センター■

さがみはら子どもアントレ

P3こどもアントレ 昨年の様子

 さがみはら子どもアントレプレナー体験事業(略称:子どもアントレ)は、次代の社会を担う人材を育成することを目的に平成13年から開催されています。市内在住在学の小学5~6年生を対象に、初めて出会う仲間と協力し「会社設立、事業計画書の作成、資金調達、仕入、製造、販売、決算」という会社経営の一連の流れを4日間で疑似体験するものです。
 最終日となる8月18日は、実際に商品を販売し、決算をし、利益がでたらお給料がもらえます。
 子供達が企画し、製造した商品は、ショッピングセンターbono相模大野にて販売しますので、ぜひともお立ち寄りいただき、お手に取ってご覧ください。子供達の頑張りに応援をお待ちしております。

日 時:8月18日(日)
会 場:セミナールーム、マルチスペース、bono相模大野
お問合わせ:さがみはら子どもアントレプレナー体験事業実行委員会事務局 担当 五島、上野(さがみはら産業創造センター内)042-770-9119
主 催:さがみはら子どもアントレプレナー体験事業実行委員会  
協 力:相模原・町田大学地域コンソーシアム
後 援:相模原市、相模原市教育委員会、相模原商工会議所、相模原市産業振興財団


8月11日~8月17日  「感悟展」

■宮木 沙知子■

「感悟展」
P3宮木氏 感光hp光華hp
 宮木沙知子氏は、1985年青森生まれ、2012年女子美術大学大学院美術研究科修士課程を修了。油画の修士課程を修了しながら、作品作りに当たっては、絵画と写真を平行し関連づけながら制作しています。在住する相模原で初めての個展となる今回は、写真と平面作品の展示を中心に光溢れる空間を提示します。入場は無料です。初日、最終日以外は終日オープンしています。ぜひお気軽にご覧ください。(作品:左「感光」右「光華」)

日時:8月11日(日)12時~8月17日(土)~18時 
会場:マルチスペース
お問い合わせ:marusuapple2@yahoo.co.jp


8月10日のオーサーズカフェは「群読音楽劇 銀河鉄道の夜 ~市民参加企画の魅力と可能性~」

8月10日(土)14:00~15:00

群読音楽劇『銀河鉄道の夜』 ~市民参加企画の魅力と可能性~

桜美林大学 芸術文化学群演劇専修准教授 ・ 桜美林大学パフォーミングアーツ・インスティチュート制作ディレクター         
能祖 將夫 氏
  
     
 桜美林大学では7年前から市民と学生とプロのアーティストで創る’群読音楽劇 『銀河鉄道の夜』’を公演しています。市民と学生はオーディションで選抜され、毎年中学生から70代、80代の方まで幅広い世代の方が出演しています。全国でも類を見ない私たちの取り組みを紹介しつつ、“市民参加企画”の魅力と可能性をお話しします。                                                           


8月9日~8月14日 『銀河鉄道の夜』イメージ画展

■桜美林大学■

伝統的七夕キャンペーン 同時開催 / 群読音楽劇「銀河鉄道の夜2013」付帯企画

『銀河鉄道の夜』イメージ画展


P3銀河鉄道hp「昨年度チケットデザインに採用された受賞作品」

 桜美林大学プルヌスホールの夏の風物詩、群読音楽劇『銀河鉄道の夜』。この音楽劇の開催を記念して’あなたのイメージする『銀河鉄道の夜』’をテーマに絵画作品を募集しました。応募作品は、桜美林大学PFC内エントランスホールのほか、今年はユニコムプラザ、アートラボはしもとでも巡回展示を行います。地上と天上、地球と銀河を結ぶファンタジー『銀河鉄道の夜』。それぞれの想いのこもった「銀河鉄道の世界」をぜひご覧ください。


日 時:8月9日(金)~8月14日(水)
会 場:マルチスペース
お問い合わせ:桜美林大学プルヌスホール(042-704-7133)
主 催:桜美林大学・アートラボはしもと
共 催:相模原・町田大学地域コンソーシアム・公益財団法人相模原市民文化財団


8月5日 録音ボランティア情報研修講座

■神奈川県録音奉仕団連絡協議会■

平成25年度 県録連研修会 録音ボランティア情報研修講座
P3録音ボラ

 デジタルデバイド(情報格差)を改善するために情報発信・受信を日々行っている千葉県立図書館勤務の傍ら「出版のバリアフリー化」に取り組まれ活躍の松井進氏をお迎えします。
 神奈川県録音奉仕団連絡協議会は、県下各市町村で活動する録音奉仕団体の連絡を図る協議機関で視覚障害者の福祉向上を目的として昭和45年に発足しました。毎年開催の「研修会」では、録音活動に関連する技術・情報・利用者のニーズなどあらゆる視点で奉仕活動の支援を行なっています。

日 時:8月5日(月)14:00~16:00
会 場:セミナールーム2
参加費:無料
定 員:105名
お問い合わせ:神奈川県録音奉仕団連絡協議会 代表:内田(神奈川県ライトセンター内・045-364-0023)


8月3日のオーサーズカフェは「これなら毎年受けられる内視鏡の話」

8月3日(土)14:00~15:00


これなら毎年受けられる内視鏡の話

富士フイルムメディカル株式会社 内視鏡・超音波事業本部 事業推進部 
関 正広氏

 胃や食道の病気は、早期に発見できればほとんど完治させることができますが、そのためには定期的な医療施設での受診が欠かせません。一方では、内視鏡検査で苦しい思いを経験された方も多数いらっしゃいます。そのような中、鼻から入れる胃の内視鏡検査は「つらくない」と多くの方々から喜ばれており、経験された方のうち9割以上が「次回も鼻から」の検査を希望されています。経鼻内視鏡、カプセル内視鏡を始めとして安全で苦痛の少ない機器と検査を紹介します。


8月13日伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーン ~灯りを消して親子で星空を見上げよう~ 8月1日受付開始

日 時:8/13 (火) 参加料:無 料 (申込順)
※ 参加には各イベントごとに事前のご予約が必要です

両イベントともに、定員に達しましたため、受付を締め切りました。ありがとうございました。


 今年の8月13日は、国立天文台が提唱する「伝統的七夕」にあたります。伝統的七夕の頃は例年、晴天に恵まれ、夜空には上弦の月が美しく輝きます。月が沈んだ夜半には夜空にひろがる天の川を楽しめます。12日深夜から13日未明にはペルセウス座流星群から降り注ぐ流れ星がもっとも盛んになります。

 夏の夜空にきらめく星の中でも特に有名な星のひとつ、はくちょう座のアルビレオは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の中で『サファイアとトパーズ』と表現されているペアの星で、最も美しい星の一つといわれています。アルビレオは、ちょうど織姫(こと座ベガ)と彦星(わし座アルタイル)の間にあり、天の川の中に位置することから伝統的七夕の夜には頭上高く輝き、街中で天の川の位置を探すときの目印になります。またアルビレオは、望遠鏡を通して眺めると青と橙の星が寄り添っているように見えます。

 このキャンペーンは、20時から全国で一斉に明かりを消して、夜空に輝く七夕の星々や天の川を7分間眺めてみよう、という提案です。ユニコムプラザでは、この提案に賛同して、キャンペーン推進委員長の阪本成一氏(宇宙航空研究開発機構・教授)による「七夕セミナー」を行い、その後bono相模大野屋上庭園で月や土星、夏の大三角(こと座ベガ(織姫)、わし座アルタイル(彦星)、はくちょう座デネブ)、はくちょう座アルビレオを観察します。


旧暦の七夕にあたる8月13日を記憶に残る1日にしてみませんか?皆様のご参加をお待ちしております。

第1部 親子工作教室 映して遊ぼう ちょこっとプラネタリウム

定員に達しましたため、受付を締め切りました。ありがとうございました。

室内で夜空を楽しめる可愛いプラネタリウムです。
P2プラネタリウム

時 間:14:00~16:00
講 師:築地制作所
「造形と子どもの遊び」をテーマに、相模原市南区豊町にて子どもが主役の造形教室「あそびより」を主宰。
教材費:1組500円
対 象:親子20組(4歳~10歳のお子さま)

第2部 七夕セミナー&天体観測
定員に達しましたため、受付を締め切りました。ありがとうございました。

伝統的七夕や夏の天の川、ペルセウス座流星群、『銀河鉄道の夜』とはくちょう座のアルビレオのお話を聞いた後、bono相模大野屋上庭園で20時から7分間、ライトダウンを行います。月や土星、夏の大三角や織姫、彦星、はくちょう座のアルビレオなどを肉眼や望遠鏡で眺めます。
講 師:阪本 成一 氏
伝統的七夕ライトダウン推進委員会推進委員長・宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授
seiichi_01

時 間:18:00~21:00
七夕セミナー 18:00~19:30(セミナールーム)
天 体 観 測  20:00~21:00(bono相模大野屋上庭園Saga-niwa)
※天体観測は雨天の場合、内容を変更します。
対 象:小学生以上の親子60組
DSC_0480

saga-niwa


同時開催:群読音楽劇「銀河鉄道の夜2013」付帯企画
『銀河鉄道の夜』イメージ画展
8/9(金)~8/14(水)
主催:桜美林大学


その他、ショッピングセンターbono相模大野で関連イベントを開催します。
皆様のお越しをお待ちしております。

このイベントは伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーンに登録しています。
bn_500x80


8月4日(日)ロボット研究室

■ 子どもの理科離れをなくす会 ■ 

ロボット研究室

自律型ロボットをプログラミングしてロボットによるサッカーゲームに挑戦しよう!

「子どもの理科離れをなくす会」は、科学を通じた人間教育を目的に、子どもたちに継続的な科学教育の機会を提供しています。
プログラミングを通じて、科学的な思考(論理的思考力、問題発見・解決力)、コミュニケーション力を鍛え、ロボカップジュニア(JST文部科学省 国際科学技術コンテスト)に挑戦します。ロボカップジュニアは毎年世界40カ国が参加する世界大会に繋がっています。初心者にもサポーターがつきますので安心です。必要な機材は全てお貸しいたします。

日時:8月4日(日)10:00~12:30、13:30~16:00
会場:実習室2
対象:小学3年~中学3年
参加費:半日 5,000円、1日 8,000円
定員:各20名
持ち物:筆記用具
申し込み・お問い合わせ:「子どもの理科離れをなくす会」事務局 電話・FAX 075-612-6814