イベントスケジュール

イベント情報のお知らせです。
誰でも参加できるイベントに、お気軽にご参加下さい。

オーサーズカフェ 6月22日は「岩手県大船渡市の今を知る」

6月22日 14:00~15:00
「岩手県大船渡市の今を知る」
相模女子大学 被災地支援学生ボランティア委員会  山根 可奈氏、渡部 綾乃氏
 相模女子大学 被災地支援学生ボランティア委員会は、東日本大震災の被災地を継続して支援する目的で、学生有志によって設立されました。現在でも岩手県大船渡市の仮設住宅にて心のケアのボランティアに取り組む学生が見たものや感じたことについてお伝えします。協力:大船渡津波伝承館


相模女子大学 交流と笑顔でつなぐボランティア活動の報告

 東日本大震災から2年。「何か自分たちでできることがあるのでは」と立ち上がった”サガジョ”の被災地支援ボランティアが、岩手県大船渡市に4回目の現地ボランティアを行いました。
 第4回目はに続き大船渡市の仮設住宅を訪問。マーガレットの花植えや、住民の方々とのエクササイズ、桜の木の絵を作る
工作などを実施しました。このふれあいの中で必要と感じた“心のケア”をメインテーマに、経験を通じてみんなに伝えたいこと、そして大船渡市の現状を知るための取材を行いました。その成果をもとに大船渡市の現状を伝える展示会を開催します。

岩手県大船渡市の今を知る展示会 ~いつまでも悲しいだけの被災地じゃない~
2年目の“今”を伝える写真や映像の展示をします。

日時 6月21日(金)22日(土)10:00~21:00(20:30最終入場)
   6月23日(日)10:00~20:00(19:30最終入場)
場所 マルチスペース
入場料 無料
主催 相模女子大学 被災地支援学生ボランティア委員会
協力 大船渡津波伝承館(一般社団法人 大船渡津波博物館)
後援 相模原市

同時開催『相模原に大船渡津波伝承館が来た!』

 期間中の6月22日、オーサーズカフェでは、同展示会を主催する相模女子大学 被災地支援学生ボランティア委員会の
山根可奈氏、渡部綾乃氏が、「岩手県大船渡市の今を知る」としてお話します。
 相模女子大学 被災地支援学生ボランティア委員会は、東日本大震災の被災地を継続して支援する目的で、学生有志に
よって設立されました。現在でも岩手県大船渡市の仮設住宅にて心のケアのボランティアに取り組む学生が見たものや
感じたことについてお伝えします。


オーサーズカフェ 6月15日は「発酵パンと発泡パン」

6月15日 14:00~15:00
「発酵パンと発泡パン」
有限会社 あこ天然酵母 代表取締役 近藤 泰弘
 人間が小麦粉を食する方法の一つとして、パンが存在していますが、そのパンの原料の中で、主役となるのが小麦粉です。
その風味を極力損なう事なくパンとして焼き上げる方法と、「発酵」することにより旨みを作り出していく「発酵パン」をご紹介します。
 講師は、ホシノ酵母の創始者、星野昌師匠に25年間師事し、以後師匠の頭文字も頂いて、あこ天然酵母を創設しました。


カナダ人国際交流員と一緒に英語でティタイム Fun Baking!

 相模原市の友好都市トロント市・トレイル市が所在するカナダのお菓子作りとカナダ文化のご紹介を通じ、
国際理解の促進と友好都市への理解を深めましょう。

Let’s bake carrot maple muffins.
Practice English.
And enjoy some maple tea.

日時 6月15日(土)14:30~16:30

定員 30名

会場 実習室1

参加料 300円

対象者 市内在住・在勤・在学の高校生以上の方

申し込み方法 お電話にて、さがみはら国際交流ラウンジにお申し込みください。(申込順)

申込期間 6月1日(土)~6月8日(月)

お申し込み・お問い合わせ さがみはら国際交流ラウンジ 042-750-4150


オーサーズカフェ 6月8日は「LEDの光による美味しい野菜づくり」

6月8日 14:00~15:00
「LEDの光による美味しい野菜づくり」
玉川大学 農学部 教授  渡邊 博之氏
 LED照明を太陽代わりとした水耕栽培により、野菜の大量生産が可能となる世界初の「LED植物工場」。このLED植物工場の主力生産物として研究されているレタスを中心に、美味しい”未来型農業”について、第一人者が語ります。


相模原はやぶさウィーク 6月9日(日)~6月16日(日) 

小惑星探査機「はやぶさ」打ち上げ10周年記念 ~「はやぶさ」から「はやぶさ2」へ~


 2003年5月9日。数々の”世界初のミッション”を載せ、小惑星探査機「はやぶさ」は鹿児島県肝付町内之浦の宇宙空間観測所から、約60億キロ、7年の旅が待ち受ける宇宙に向けて打ち上げられました。

 相模原市では、今年が市内にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)で開発された小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられ10周年を迎える節目となることから、6月9日(日)~6月16日(日)までの8日間を“相模原はやぶさウィーク”として、講演会やイベントを開催します。

 セミナールームでは、元“はやぶさプロジェクト”マネージャーの川口淳一郎教授から、来年に打ち上げが予定させている「はやぶさ2」ミッションマネージャーの吉川真准教授まで、JAXAの10名の教授陣がリレー形式で講演を行います。

 マルチスペースでは、6月9日には日本スペースガード協会による「はやぶさ」など宇宙科学に関する本の読み聞かせ、クイズラリーなどを行う「Kidsはやぶさ教室」を開催します。

 奇跡の帰還を果たした小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられてから10年の節目の年に、ユニコムプラザさがみはらで宇宙に思いを馳せてみませんか。

 また、期間中、ボーノ相模大野ショッピングセンターでは、銀河連邦ヒーローショーや撮影会、スタンプラリーなど、はやぶさや宇宙がもっと身近になる楽しいイベントを開催します。ぜひ親子でご参加ください。

日時 平成25年6月9日(日)~6月16日(日)
主催 相模原市、銀河連邦サガミハラ共和国、日本スペースガード協会
協力 JAXA(宇宙航空研究開発機構)、相模原・町田地域大学コンソーシアム
お問い合わせ:相模原市 総務局 渉外課 042-769-8207


フォトシティさがみはら2012年度アマチュアの部 入賞・入選作品写真展

 「フォトシティさがみはら」アマチュアの部は、写真文化の重要な担い手であるアマチュア写真愛好家の優れた作品に
発表の場を設けるとともに、優れた作品に触れる機会を多くの方に提供することを目的に実施しています。
 2012年度は、全国から4,383点の作品の応募があり、この中から選ばれた入賞・入選作品写真を展示しています。
 どうぞ、ごゆっくりご鑑賞ください。6月7日(金)まで。観覧は無料です。

会場 マルチスペース
主催 相模原市総合写真祭フォトシティさがみはら実行委員会
お問い合わせ 相模原市文化振興課 042-769-8202